3月 07 2014

主人のマイボトルを購入しました。

昨日仕事中の主人から電話が。

「ごめん、ボトル壊した」

職場へ麦茶を持っていってるのですが、それを入れてるマイボトルを落として壊してしまったという内容でした。
お金が無い時というのは余計な出費が必ずあるような気がします。
電話を切ってから「お金無いのにやってくれたな」と携帯に向かって喋っていました。

ちょっと用事があって外出していたので、用事を済ませてからマイボトルを購入しに行きました。
所持金で購入出来る主人希望のサイズが売ってればいいと不安になりながら、物色をしていました。

980円で600mlのがあったのですが、今まで主人が使っていたタイプと違いました。
きっと運転中にも飲むだろうから、飲み口のスリムなのがいいだろうと思って他を探しました。
これいいかもしれないと思ったものがあったのですが、2280円。
所持金ではこれを買ってしまうと、次女と約束していたアイスが買えない。
悩んだ挙句、次女との約束を優先させ諦めました。

次女が「これいいね!」と言い、何かを指差していたので見に行くと1280円480mlで主人が壊したマイボトルと似てる型のがありました。
次女のおかげで文句を言われないマイボトルを購入できました。
次女が指差してたのはポケモンの水筒だったのですが、グッジョブ!と思いました。

次女が学生アルバイトをして頑張ってるのですが友達と旅行に行きたから学生お金借りる事ができる消費者金融でキャッシングをしていいと聞くので自分でちゃんと返せるのならイイよと言ってあげました。これも社会勉強の一つですよね。

5月 09 2013

モビットの力で仕事をしている知り合い

こんにちは。
わたしの身近にいるダメ人間について話したいと思います。
その人は常にパチンコへ言っています。
仮にKさんとしますが、営業の仕事をしているので会社を出てしまえば自由です。
女の子と遊んでいようと、パチンコを打っていようが関係ありません。
成績さえ良ければなんでもOKです。
なのでKさんは、パチンコばかりしています。
毎日訪問先の地域でパチンコ店に入りびたりです。
たまにパチンコをしていないときは、若いお姉さんに引っかかっています。
若いお姉さんと言っても、携帯電話や家電の営業のです。
なので、しょっちゅう携帯電話や家電をとっかえひっかえです。
こんな生活ではお金がいくらあっても足りません。
そんなKさんはモビットでキャッシングをしています。
返済だけはしっかりしているようです。
借金があると仕事の成績も良いようです。

5月 09 2013

後輩がプロミスを使う理由

こんにちは。
わたしの後輩のCくんなんですが、大の女好きなんです。
いつも女性のお尻を追いかけています。
ですがCくんはまったくモテないんです。
そしてお酒も飲めないのでキャバクラにも行けません。
そのはけ口は「おとなのおもちゃ」です。
Cくんはいっぱいおもちゃを持っています。
たまに買い物に付き合って、一緒に見に行くんですが結構高いんですね。
わたしはあまり興味が無いんでわからなかったです。
ここまで揃っていたら、女性は必要ないのでは?
と思うくらいの品揃えです。
Cくんはお店にあるものの大半は持っているそうです。
一体いくら使ったのでしょう?
Cくんの給料ではとても買えそうになかったので聞いてみるとプロミスからキャッシングをして揃えたんだそうです。
そこまでして欲しいんですね。

5月 08 2013

レイクでお金を借りました

私は今までキャッシングというものをなんとなく遠ざけてきていました。
それというのも「高額な利息」や「取立て」などの恐ろしいイメージが勝手に植えつけられていたからなのですが、懇意にしている友人がひょんなことからレイクでキャッシングしたとのことで色々話を伺ったところ、何やら私の勘違いだということがわかったのです。

正しく使えばキャッシングは本当に便利で素晴らしいものなのだなぁというイメージへと変わりました。
そこで私もレイクを利用してみることにしたのです。

すると電話の対応が物凄く丁寧だったり、対応が早かったり、すぐに融資できたり、分からないことはじっくりと教えてくれたりとそれはもう素晴らしい対応でした。何一つ不安無くお金を借りる事ができ、毎月すこしずつ返済していっています。

毎月しっかりと返済をしていると問題ありませんが、借入が数社になり返済が毎月苦しい方は返済を一本化にすると毎月の支払がまとまってスッキリします詳しくは⇒返済一本化おまとめ

4月 27 2013

キャッシングのイメージ

以前の私はキャッシングって聞くとあまりいいイメージがありませんでした。借金する、ということに小さい頃から抵抗がありましたし、利息が高そう、怖い人が取り立てに来るのでは?など勝手に悪いイメージを抱いていましたね。ドラマの見すぎかもしれません。

自分はキャッシングを利用することなんてない、と思っていたところもあります。そのくせ貯金もせずに欲しいものを買っていました。なんとかなる、なんて勝手に思っていましたね。

それがある日急に親が入院することになり、実家に帰らなくてはならなくなりました。実家は遠いし、ちょっと入院費も援助しなくてはならなくなりそうでした。もちろん蓄えなどありませんし、給料日まではまだ間がありました。
仕方ないので少しばかりキャッシングのお世話になることに。すごく助かりましたね。返済は給料日ごとに少しずつ返し、1年ほどで完済しました。利息も高くはなかったです。

自分にキャッシングなんて関係ないと思っていたのは大間違い、それからはどれだけ助けられたことかわかりません。ただ、計画性を持って無理のない範囲で利用することは守っています。
これからもキャッシングのお世話になると思います。私の強い味方ですね。

キャッシングをするなら即日カードローンのご利用するおすすめします!